第十条(機関)

本会の機関は総会、評議員会、理事会とし、その組織並びに職責は次の通りとする。

  1. (総会)総会は理事長が招集し、本会の運営に関する最重要議案(会則の改正など)について全会員が参加し、議決する機関であって、会員の1/10以上の出席(委任状を含む)で成立する。議決は出席会員の2/3以上の同意を必要とする。会員の1/10以上の請求がある場合は総会を開催せねばならない。
  2. (評議員会)評議員会は理事長が招集し、評議員を以て構成し、過半数の出席(委任状を含む)で成立する。議決は出席評議員の過半数で決定する。評議員会は本会の毎年度の事業計画、予算その他会の運営方針を審議決定し、決算を承認する。評議員会は毎年1回以上開催する。評議員の1/3以上の請求がある場合は評議員会を開催せねばならない。
  3. (理事会)理事会は理事長が招集し、理事を以て構成し過半数の出席で成立する。議決は出席理事の過半数で決定する。理事会は本会の運営に対し責任を負うもので、総会及び評議員会で決議された事項の実施又は会則第三条の範囲内の事業の企画並びに実施に当る。理事会は年6回開催する。急を要する場合は臨時に召集して開催することができる。