『図書館界』53巻2号(通巻299号)July, 2001

目次


《座標》

馬場 俊明だれが〈本の世界〉を捨てるのか


柴田 正美いつまでも「附属」でよいのか-独法化構想で迫られる変容-
(シリーズ・21世紀の図書館を展望する・2) 
(抄録)田井 郁久雄開館時間の延長は効果があったか ~一地区図書館の事例研究~ (抄録)


《特集:第42回研究大会》

シンポジウム「出版・読者の変容と図書館」研究委員長 西村 一夫テーマ設置の趣旨松本 功-共通認識のために- 出版の世界の変容について高橋 恵美子多様化する「よむ」-高校生,大学生の声から-村岡 和彦情報流通の変容と図書館~変わらぬ情報格差補正装置としての役割~討議:「出版・読者の変容と図書館」


グループ研究発表柳 勝文・戸田久美子・家城 清美・村松 常葉(図書館学教育研究グループ)学校図書館職員の現状と課題-近畿地区学校図書館実態調査を養成の立場から分析する-前川 和子・平井 尊士・志保田 務(奉仕研究グループ)図書館学教育・図書館利用教育におけるWeb教材・ビデオ教材の活用 :調査のための予備的考察井上 靖代(児童・YAサービス研究グループ)「児童サービス論」での司書養成に関する調査報告渡邊 隆弘(整理技術研究グループ)図書館目録とメタデータ北 克一・村上 泰子(「マルチメディアと図書館」研究グループ)電子資料と目録規則 ~NCR第9章を対象に~志保田 務・中村 恵信(情報システム研究グループ)書誌情報の集中提供システムの成立と利用関係マニュアル策定の相関 :その読み取りの試み第42回研究大会全体報告


《追悼》

石山 洋敬弔 名誉会員岡田温先生


《2000年度図書館学セミナー報告》

子どもの読書環境を考える-公共図書館と学校図書館のサービスを中心に


《書評》

渡辺 重夫『図書館・アクセス・知的自由』福永 智子『インフォメーション・パワー 学習のためのパートナーシップの構築』


《新刊紹介》

坂上 未希『インターネットと知的自由:ネブラスカ州全公立図書館調査(2000年11月)』


<案内>

  • 第1回国際図書館学セミナーのご案内(10月8日)綴込み
  • 論文シリーズ検討会のお知らせ(8月5日)
  • 研究例会案内(7月27日)
  • 愛知研究例会案内(7月18日)
  • 整理技術研究グループ例会案内(7月21日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会案内(7月28日)
  • 情報システム研究グループ・奉仕研究グループ合同研究例会(7月28日)

<報告>

  • 整理技術研究グループ例会報告
  • 図書館学教育研究グループ研究例会報告
  • 情報システム研究グループ研究活動報告および計画
  • 奉仕研究グループ研究活動報告
  • ブロックセミナーを開催しませんか
  • 理事会報告