『図書館界』49巻3号(通巻276号) September, 1997

目次


《座標》

土居 陽子学校図書館法「改正」は一歩前進になるか


《特集:問われる養成/求められる研修》

柴田 正美問われる養成/求められる研修-「特集」編集の背景-塩見 昇司書形成における養成と研修 (抄録)澤 利政問われる学校図書館職員の養成 (抄録)柴田 正美新カリキュラムをどう見るか
-改定目標・問題点・免除措置-
 (抄録)森 智彦司書養成教育担当者の問題 (抄録)松岡 要公共図書館の職員の現状,職種,「必置規制」 (抄録)大澤 正雄図書館職員のグレード制を考える (抄録)河田 隆研修は図書館経営の一環である (抄録)海上 和美学校図書館における研修 (抄録)酒井 信大学図書館における研修 (抄録)村橋 勝子専門図書館員の研修 (抄録)


《書評/新刊紹介》

紫藤 明紀『障害者サービス』松野 高徳『図書館とコンピュータ 第3版』田窪 直規『情報社会をひらく-歴史・経済・政治-』


  • 館長の司書資格撤廃の動きに要望書を提出
  • 研究大会での個人研究発表の募集について
  • 研究例会案内(9月25日「学校図書館の現場から」発表者:北村幸子)
  • 愛知研究例会案内(9月18日)(10月8日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会案内(10月25日)
  • 奉仕研究グループ月例研究会案内(9月12日)
  • 日本図書館学会研究大会のご案内(11月2日~3日)
  • 公開シンポジウム『子どもと図書館:公共・学校図書館および図書館員養成』
  • 愛知研究例会報告(図書館の自由と「ピノキオ」問題)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会報告(松下電器技術情報部の情報活動)
  • 理事会報告

1997年度図書館学セミナー開催について(ご案内)「図書館をうまく使ってもらうために」
(10月12日~13日,ひょうご共済会館)