『図書館界』56巻2号(通巻317号)July, 2004

目次


《座標》

渡辺 信一平和,平和,平和,そして図書館


《特集:第45回研究大会》

シンポジウム「図書館のサービス評価を考える」

西村 一夫(研究委員長)テーマ設定の趣旨柴田 正美図書館評価の現状:どう教育されてきたか田井 郁久雄どんな図書館を目指してきたか:公共図書館の現場から図書館評価を考える蒲生 英博コミュニケーションの道具としての図書館評価:大学図書館における事例林 貴子学校図書館活動チェックリスト作成経過と活用永田 治樹図書館の顧客評価・成果評価《討議》図書館のサービス評価を考える


グループ研究発表

渡邊隆弘,河手太士,吉田暁史(整理技術研究グループ)最近における目録規則の改訂動向とその問題点 ―電子資料と継続資料を中心に―北克一,呑海沙織(「マルチメディアと図書館」研究グループ)著作権法と図書館サービス ―著作権契約と市場流通モデル―藤間真,志保田務,谷本達哉,西岡清統(情報システム研究グループ)「情報」科目テキストにおける「図書館」平田満子,井上靖代(児童・YA図書館サービス研究グループ)大阪における児童図書館サービスの史的概観の試み川原亜希世,北村幸子,柴田正美(図書館学教育研究グループ)司書教諭の発令の現状と課題ならびに養成について

第45回研究大会全体報告


《書評》

青柳 英治『未来をつくる図書館:ニューヨークからの報告』


《新刊紹介》

川北 信彦『学びを豊かにする学校図書館』


<案内>

  • 第3回国際図書館学セミナー(10月14日)
  • 九州ブロックセミナー(9月20日)
  • 研究例会(8月2日)
  • 愛知研究例会(7月14日)
  • 整理技術研究グループ月例研究会(7月24日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会案内(7月17日,10月30日,11月13日,1月29日)

<報告>

  • 研究例会(弱視者への図書館サービスについての一考察)
  • 愛知研究例会報告(日本の図書館における朝鮮語(韓国語)の存在)
  • 整理技術研究グループ月例研究会(MODSの役割と動向,AACR新版への論点)
  • 理事会報告