『図書館界』56巻3号(通巻318号)September, 2004

目次


《座標》

吉田 憲一大学等における図書館学(司書課程)の今後


《誌上討論》「現代社会において公立図書館の果たすべき役割は何か」

編集委員会問題提起および論点整理根本 彰貸出サービス論批判:1970年代以降の公立図書館をどう評価するか塩見 昇公立図書館のあり方を考える田井 郁久雄『市民の図書館』と「貸出」の意義明定 義人「貸出」を考える糸賀 雅児「地域の情報拠点」への脱却が意味するもの


《書評》

岩猿 敏生『本棚の歴史』大島 真理『アメリカ西部の女性図書館員:文化の十字軍,1900-1917年』


<案内>

  • 2004年度図書館学セミナーの開催について
  • 九州ブロックセミナー案内(9月20日)
  • 研究例会案内(9月28日)(10月6日)
  • 愛知研究例会案内(9月15日)(10月20日)
  • 整理技術研究グループ月例研究会案内(9月4日)(10月23日)
  • 図書館学教育研究グループ例会案内(10月30日,11月13日,1月29日,3月26日)

<報告>

  • 愛知研究例会報告(現職図書館員の研修について)
  • 整理技術研究グループ月例研究会報告(ベイツレポートにみる「新しい図書館目録」の可能性,「『国際目録法原則』に関する声明」の検討)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会報告(第99回)
  • 「マルチメディアと図書館」研究グループ活動報告(2003年度)
  • 評議員会報告
  • 理事会報告
  • 研究大会の個人研究発表の募集について
  • 住所・勤務先の変更をお知らせ下さい
  • 投稿規定