『図書館界』57巻6号(通巻327号)March, 2006

目次


《座標》

寒川 登国立大学附属図書館のゆくえ:法人化の課題と現実その2


松尾 昇治東京の公共図書館政策の一考察:1970年代における美濃部都政の 図書館政策(1)(→ 抄録)川崎 良孝黒人への公立図書館サービスの転機:『公立図書館へのアクセス』(1963年)の意義(2) (→ 抄録)


《特集・第4回国際図書館学セミナー》

塩見 昇[講演1]日本における図書館と図書館研究の現状と課題呉建中,劉暁丹[講演2]上海市における公共図書館事業の発展現状と課題梁 桂熟[研究発表1]中国におけるサブジェクトゲートウェイの現状と課題呑海 沙織[研究発表2]学術情報基盤の形成:CADLISとNII祝 均宙[研究発表3]辛亥革命前後日本で出版された中文定期刊行物概論周徳明,夏紅衛[研究発表4]上海図書館における視覚障害者に対するサービス梶浦 晋[研究発表5]日本における中国開版典籍の収蔵:仏教典籍を中心 として葛益民,劉暁丹[事例発表1]公共図書館の知識付加価値サービス:上海図書館の都市新職業開発及び就業トレーニングへの貢献朱 普徳[事例発表2]利用者統計と管理:上海図書館のケース鴇田 潤[事例発表3]国立国会図書館関西館における中国情報の収集と提供小笠原 智香[事例発表4]大阪市立中央図書館における多文化サービス:中国語図書を中心に浜口 美由紀[事例発表5]国際交流基金関西国際センター図書館における中国人利用者へのサービス [総括/意見交換]今後の国際図書館学セミナーのために


《新刊紹介》

三村 敦美『図書館とICタグ』


《エコー》

森 昌彦船橋市図書館蔵書廃棄事件最高裁判決から学ぶ:札幌図書館研究会学習会に参加して


<案内>

  • 特別研究例会(予告)(5月28日)
  • 中国ブロックセミナー(3月27日)
  • 九州ブロックセミナー(予告)(5月22日)
  • 研究例会(3月11日)(4月14日)
  • 整理技術研究グループ月例研究会(3月25日)(4月22日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(3月25日)(6月3日)

<報告>

  • 九州ブロックセミナー(図書館をめぐる現代的課題)
  • 研究例会(学校内組織の推移から見た学校図書館の役割と現状に関する一考察)(海外の図書館司書のための日本語教育)
  • 愛知研究例会
  • 整理技術研究グループ月例研究会(自然言語処理のためのシソーラス)(和古書総合目録とそこから見えた目録世界)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(教育行政と学校図書館)
  • 理事会報告