『図書館界』59巻2号(通巻335号)July, 2007

目次


《座標》

木下 みゆき図書館でも,図書館でこそ「チャレンジ支援」


《特集:第48回研究大会》

シンポジウム「2007年問題と図書館の今後」

寒川 登(研究委員長)テーマ設定の趣旨堀 薫夫高齢者への図書館サービス論から高齢者の図書館利用論・読書論へ前田 章夫公共図書館における「2007年問題」早瀬 均ベビーブーム世代の退職期を迎える大学図書館のワークフォース~米国及び日本の状況~高島 涼子高齢者サービスの課題《討議》


グループ研究発表

脇坂さおり,加藤ひろの,伊藤昭治,村林麻紀,西尾恵一(読書調査研究グループ)インターネット予約は図書館サービスを豊かにしているか?中西 美季(児童・YA研究グループ)ブックスタートを検証する-大阪の実例を中心に-渡邊隆弘,河手太士(整理技術研究グループ)オントロジと主題アクセス法柳 勝文(図書館学教育研究グループ)1996年カリキュラムの諸問題と今後の展開藤間真,志保田務,西岡清統(情報システム研究グループ)公共図書館における有料データベースの導入について呑海 沙織(「マルチメディアと図書館」研究グループ)知識情報基盤と情報プロフェッション制度篠原由美子(オーラルヒストリー研究グループ)上田市立図書館におけるPTA母親文庫創作グループ

第48回研究大会全体報告


《現場からの提言》

市川直美,谷嶋正彦公共図書館と学校図書館の連携-さいたま市の事例より-


《書評》

細井 正人『図書館はまちの真ん中-静岡市立御幸町図書館の挑戦-』奥泉 和久『日本図書館史概説』北 克一『ベルクソン書誌:日本における研究の展開』永井 悦重『教育を変える学校図書館』


《新刊紹介》

熊野 清子『知る自由の保障と図書館』


<案内>

  • 第5回国際図書館学セミナーのご案内
  • 2007年度図書館学セミナー(予告)
  • 研究例会案内(8月4日)
  • 愛知研究例会案内(7月18日)
  • 整理技術研究グループ月例研究会案内(7月28日)
  • 整理技術研究グループ50周年記念事業について(ご案内)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会案内(7月22日)(9月22日)(10月27日)

<報告>

  • 研究例会報告(“図書館”をテーマにした諸本と用語:誤用の指摘は専門職の責務!?)
  • 整理技術研究グループ月例研究会報告(図書館目録の今後に関する議論:文献展望から)(米国議会図書館における書誌コントロールの環境変化と再構築の道程)
  • 大学図書館研究グループ研究例会報告(デジタル学術情報のアーカイビング)
  • 理事会報告