『図書館界』60巻6号(通巻345号)January, 2009

目次


《座標》

柴田 正美資料と情報の選択についての責任


中地 正博枚方の図書館づくり運動(→ 抄録)


《図書館界60巻記念企画》構造的転換期にある図書館の法制度と政策(第5回)

陳伝夫、劉杰、于媛、符玉霜、呉鋼転換期中国における図書館法制度金 智鉉韓国の2006年図書館法と情報格差への取り組み宮原志津子シンガポールの図書館法制と政策


《特集・第6回国際図書館学セミナー》「全域サービス~第一線の図書館サービスをめざして~」

テーマ設定の主旨 陳超、金暁明ユビキタス時代において、上海の公共図書館の全域サービス体系を構築する実践と構想國松 完二滋賀県の事例:県立図書館の果たす役割を中心に王 婉卿「ナレッジ楊浦」へのサービスと、市民に身近な「書斎」の提供:楊浦区立図書館における館外サービスの実践永利 和則公共図書館における学校教育支援:小郡市の実践から鮑 延明インターネットにより図書館サービスを全域に提供―上海図書館のネットレファレンスサービスをモデルに近藤 友子日本における公共図書館の視覚障害者サービス:もう一つの全域サービスへの取り組み潘 立敏上海地区における児童図書館の延伸サービスに関する研究と実践松井 一郎枚方市立図書館の全域サービス《討議》全域サービス網構築にあたっての今日的課題と展望


三宅 興子石井桃子さん― 作家、翻訳者、編集者、こども文庫の実践者、そして100歳まで現役だった大先輩


《書評》

坂本 拓『ドイツにおける学術情報流通-分散とネットワーク-』

《新刊紹介》

中村 恭三『建築家の自由-鬼頭梓と図書館建築-』後藤 敏行『倫理と法:情報社会のリテラシー』高木 奈保子『図書館の自由に関する事例集』

《エコー》

吉田 昭中学生の職場体験学習を受け入れて-つくば市立中央図書館の事例から-


<案内>

  • 研究例会(3月21日)(4月14日)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会(3月14日)(4月18日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(3月28日)(5月30日)
  • 図書館奉仕研究グループ研究例会(3月8日)
  • 情報システム研究グループ・図書館奉仕研究グループ合同研究例会(3月15日)

<報告>

  • 研究例会報告(公共図書館と学校図書館の連携)
  • 愛知研究例会報告(俳諧書肆橘屋治兵衛について)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会報告 (NDC10版の作成作業:3類試案を中心として)(図書館目録の将来設計(続)(まとめ):「次世代OPAC」 への移行とこれからの目録情報)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会報告(地域性を意識した司書養成の試み)
  • 図書館奉仕研究グループ研究例会報告(米国大学図書館における財政削減への対応とサービスの変容:アリゾナ大学図書館の事例)
  • 特別研究例会の開催について(予告)
  • 理事会報告