『図書館界』61巻5号(通巻350号)January, 2010

目次


《座標》

松井 一郎図書館は誰のもの?~『図書館員の倫理綱領』30周年に寄せて~


350号記念特集
「図書館・図書館学の発展-21世紀初頭の図書館」

松井 純子文献レビュー「図書館・図書館学の発展」-記念特集の編集にあたって

1.総論

(1) 山本 順一図書館の法と政策に関する動き(2) 山家 篤夫「図書館の自由」をめぐって(3) 嶋田 学図書館像をめぐる論争~理論と実践の建設的な融合を目指して(4) 高鍬 裕樹デジタル環境下の図書館

2.館種別状況

(1) 新 出公共図書館-図書館協力とネットワーク,県立図書館を中心に-(2) 飯田 寿美学校図書館(3) 逸村 裕大学図書館の課題(4) 青柳 英治専門図書館の現状と課題(5) 坂本 博国立国会図書館-2000年1月から2009年6月まで-

3.図書館経営と図書館員

(1) 小池 信彦図書館経営とアウトソーシング(2) 西村 一夫図書館員論-司書の専門性と非正規職員問題(3) 横山 桂図書館員の養成と研修(4) 桑原 芳哉図書館評価(5) 中井 孝幸施設計画と建築(6) 中沢 孝之図書館の危機管理

4.図書館サービス

(1) 田井 郁久雄資料提供サービス(2) 井上 靖代児童・YAサービス(3) 小林卓,杉本ゆか「図書館利用に障害のある人々」へのサービス(4) 慈道 佐代子情報リテラシーと利用教育-大学図書館と公共図書館-

5.図書館資料(情報源)

(1) 山本 昭和図書館資料の収集と選択-公立図書館蔵書構成論の理論的発展-(2) 湯浅 俊彦出版流通と図書館-21世紀最初の10年間-(3) 呑海 沙織学術情報流通と大学図書館:学術情報基盤,電子ジャーナル,オープンアクセス(4) 矢野 正隆資料保存

6.資料・情報の組織化

(1) 渡邊 隆弘書誌コントロールと目録サービス(2) 谷口祥一,鴇田拓哉書誌情報とメタデータ:理論,ツールのわが国における展開

付.日本図書館研究会の歴史

志保田 務日図研と最近15年の“図書館界”


《書評》

後藤 嘉宏馬場俊明著『中井正一伝説-二十一の肖像による誘惑-』家城 清美五十嵐絹子編著『学校図書館ビフォー・アフター物語:図書館活用教育の全国展開を願って』

《新刊紹介》

福井 京子湯浅俊彦著『電子出版学入門-出版メディアのデジタル化と紙の本のゆくえ-』


<案内>

  • 日本図書館研究会第51回研究大会の開催について(ご案内)
  • 研究例会(1月16日)(3月6日)
  • 情報組織化研究グループ(1月30日)
  • 図書館学教育研究グループ(2月6日)

<報告>

  • 愛知研究例会報告(読書推進センターとしての大学図書館)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会報告(新しい目録規則とこれからの図書館目録:勉強会報告を中心に)(EAD,EAC,EAG,そしてDACS:アーカイブズ情報の共有・交換は実現するか)
  • 図書館学教育研究グループ「『情報組織論』授業実践報告」
  • 訂正とお詫び
  • 理事会報告