『図書館界』61巻6号(通巻351号)March, 2010

目次


《座標》

高木 享子学校の中に図書館があることの意味


《論文》

辻慶太,楳原衣恵,木川田朱美,原淳之Q&Aサイトと公共図書館レファレンスサービスの正答率比較(→ 抄録)南 亮一図書館と著作権:文献レビュー
(350号記念特集掲載予定稿を都合により今号に掲載)


《現場からの提言》

谷口 智恵インターネット予約と図書館サービスのあり方の変容-姫路市立図書館予約サービス19年間の変遷-持田 誠大学博物館の蔵書登録とその活用:北海道大学総合博物館の事例


《新刊紹介》

北村 由美北野康子著『図書館職と東南アジア:地域研究情報資源,シニアボランティア,カンボジア』(シリーズ私と図書館No.2)


<案内>

  • 研究例会(4月25日)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会(3月13日)(4月24日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(5月15日)
  • 図書館サービス研究グループ研究例会(3月21日)

<報告>

  • 〉研究例会報告(大阪府立中央図書館における盲ろう者へのパソコン支援と米国の盲ろう者)
  • 愛知研究例会報告(図書館利用に障害のある人々へのサービス-名古屋市の事例から)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会報告(「著作」の理論と書誌的家系の諸相)(新時代の目録規則-RDAとFRBRを中心に)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会報告(「同学研より新刊『アメリカの学校図書館基準に学ぶ』紹介」)
  • 図書館サービス研究グループ研究例会報告(著作権法改正と障害者サービスの現状と展望)
  • 第7回日中国際図書館学セミナー(第5回上海国際図書館フォーラム)の開催について(ご案内と発表者募集)
  • 特別研究例会の開催について(予告)
  • 訂正とお詫び
  • 理事会報告
  • 日本図書館研究会会則