『図書館界』62巻2号(通巻353号)July, 2010

目次


《座標》

前田 章夫サービスの谷間の利用者


《特集:第51回研究大会》

第51回研究大会全体報告


<シンポジウム>「図書館の自由に関する宣言」改訂から30年-その今日的展開-

志保田 務(研究委員長)テーマ設定の趣旨山家 篤夫「図書館の自由」をすすめるために山口 真也個人情報の保護と図書館の自由-学校図書館を中心に。公共図書館,大学図書館に及ぶ-佐々木 央報道・表現者の目から見た図書館の自由-東金図書館事件を素材に-井上 靖代海外における図書館の自由をめぐる最近の動向-アメリカ図書館界での動きを中心として-前田 章夫図書館の自由と安全管理-利用者の「問題行動」を中心に-《討議》


グループ研究発表

村上泰子,杉本節子,北克一(「マルチメディアと図書館」研究グループ)国立国会図書館電子図書館構想の変遷と課題-合意形成過程としてみた「長尾構想」を中心に-狩野ゆき,高木享子(学校図書館研究グループ)司書養成課程科目において学校図書館はどう教えられているか-中間報告-常世田良,家禰淳一,立花明彦,北西英里(図書館サービス研究グループ)著作権法改正と障害者サービスの展望佐藤毅彦,柴田正美(図書館学教育研究グループ)新カリキュラムおよびそれへの移行にあたっての課題土出郁子,呑海沙織(大学図書館研究グループ)日本における学術機関リポジトリの発展過程と現状井上靖代,中西美季,日置将之,平田満子(児童・YAサービス研究グループ)「児童サービス論」教授内容の提案-テキスト分析を通じて-(→ 抄録)松井 純子(情報組織化研究グループ)RDA改訂に見るFRBRの具体化-新時代の目録規則を考える-


《書評》

野末 俊比古『利用者志向のレファレンスサービス その原理と方法』高鷲 忠美『読書と読者:読書,図書館,コミュニティについての研究成果』


《新刊紹介》

藤田 章子『見えない・見えにくい人も「読める」図書館』


<案内>

  • 九州ブロックセミナーのご案内(9月6日)
  • 愛知研究例会(7月21日)(8月18日)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会(7月17日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(7月24日)

<報告>

  • 研究例会(「図書館は成長する有機体である」を実践する)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会(Net.-basedな情報流通の今における情報の組織化の機能理解)(統制形データの概念モデルの概要について)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(明星大学司書課程科目の移行)
  • 図書館サービス研究グループ研究例会(府立高校図書館職員の歴史と現状)
  • 図書館情報学基礎理論・教育実践資料研究グループ研究会(清教学園中・高等学校における図書館利用教育)
  • 訂正とお詫び
  • 理事会報告
  • 編集後記