『図書館界』63巻2号(通巻359号)July, 2011

目次


《座標》

竹島 昭雄図書館の「貸出猶予」を憂う-新刊書の貸出停止がもたらすもの-


《特集:第52回研究大会》

第52回研究大会全体報告


<シンポジウム>「次代を切りひらく図書館の挑戦」

志保田 務(研究委員長)テーマ設定の趣旨小西 和夫市立図書館の改革-知識創造型図書館へ-西野 一夫日本図書館協会の諸課題と国政への働きかけについて畠山 珠美大学図書館改革の方向性長尾 真国立国会図書館の現状と将来片岡 則夫, 木下みゆき指名発言《討議》コーディネーター 前田 章夫


グループ研究発表

渡邊 隆弘(情報組織化研究グループ)新しい目録規則(RDA)から得られるもの:機械可読性の視点から湯浅 俊彦,村上 泰子,北  克一(「マルチメディアと図書館」研究グループ)電子書籍の諸相,図書館の立ち位置狩野 ゆき(学校図書館研究グループ)司書養成課程科目の中で学校図書館についてどう教えて ほしいのか:現場からの提言川原亜希世,松崎 博子(図書館学教育研究グループ)省令科目の成立に影響を与えた諸要因について中西 美季,井上 靖代,日置 将之,平田 満子(児童・YAサービス研究グループ)「児童サービス論」養成実態調査2加藤ひろの(読書調査研究グループ)子どものための選書を目指す-知的自由を持ち権利と意志を持つ子どもたちへ-呑海 沙織,溝上智恵子(大学図書館研究グループ)/DT>大学図書館におけるラーニング・コモンズの学生アシスタントの意義奥泉 和久(オーラルヒストリー研究グループ)森博 図書館実践とその思想:静岡県気賀町立図書館時代の活動を中心に杉山 誠司,常世田 良,家禰 淳一(図書館サービス研究グループ)電子化の浸透下,図書館サービス・ポリシーを再確認する


《書評》

根本 彰『書物と映像の未来:グーグル化する世界の知の課題とは』桑田てるみ『21世紀を生きる学習者のための活動基準』『学校図書館メディアプログラムのためのガイドライン』山口 真也『図書館利用者と知的自由:管轄領域,方針,事件,歴史』高鍬 裕樹『情報管理と法:情報の利用と保護のバランス』


《新刊紹介》

松井 一郎『デンマークのにぎやかな公共図書館』


<案内>

  • 第8回国際図書館学セミナー(予告)
  • 研究例会案内(7月22日)
  • 愛知研究例会案内(7月20日)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会(7月16日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(7月23日)

<報告>

  • 研究例会報告(アメリカにおける大学図書館サービス)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会報告(学術情報サービスのメタデータ・デザイン)(Dublin Coreのこころ)
  • 大学図書館研究グループ研究例会報告(大学図書館から考える文書館とMLA連携)
  • 筑波研究例会報告(ラーニングコモンズデザイン会議(春))
  • 図書館学教育研究グループ研究例会報告(省令科目の成立に影響を与えた諸要因について)
  • 新入会員紹介
  • 本会ホームページ移転のご案内
  • 理事会報告
  • 編集後記