『図書館界』64巻2号(通巻365号)July, 2012

目次


《座標》

松井 一郎「分館サミット」は如何?


《特集:第53回研究大会》

第53回研究大会全体報告


<シンポジウム>「東日本大災害と図書館」

志保田 務(研究委員長)テーマ設定の趣旨加藤 孔敬復旧・復興出来たこと,出来なかったこと:挑戦・提案したいこと熊谷慎一郎図書館の復旧と復興のための支援と受援:宮城県図書館の取り組みを通して岡本 真図書館支援の反省と課題,そして提案:saveMLAK, iSPP等の経験から長坂 俊成「311まるごとアーカイブス」が目指すもの稲葉 洋子被災地の図書館が担うこと:記録の継承から減災へ《討議》


グループ研究発表

和中 幹雄(情報組織化研究グループ)書誌コントロールの新たなフレームワークに向けた課題整理:JAPAN/MARC頒布開始から30年が経過して松崎 博子,柴田 正美(図書館学教育研究グループ)司書教諭養成科目「情報メディアの活用」「学校図書館メディアの構成」の教科書について谷本 達哉,兼松 芳之(図書館サービス研究グループ)図書館の情報サービスが持つ可能性:国立国会図書館レファレンス協同データベース事業,その軌跡と展開 石川 敬史,大岩 桂子(オーラルヒストリー研究グループ)戦後移動図書館活動の検証:千葉県立図書館「ひかり号」調査の概要報告北 克一,村上 泰子(「マルチメディアと図書館」研究グループ)電子書籍と公立図書館の今日的意味(要旨)


《書評》

梅田ひろみ小林卓,野口武悟編『図書館サービスの可能性:利用に障害のある人々へのサービス:その動向と分析』村上美代治鞆谷純一著『日本軍接収図書:中国占領地で接収した図書の行方』山崎 久道青柳英治著『専門図書館の人的資源管理』


《新刊紹介》

飯田 寿美赤木かん子著『先生のための百科事典ノート:この一冊で授業が変わる!』久保田正啓読書権保障協議会編『高齢者と障害者のための読み書き(代読・代筆)情報支援員入門』村上 健治加藤好郎著『大学図書館経営論』


<案内>

  • 研究例会案内(7月25日)
  • 愛知研究例会案内(7月18日)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会(7月21日)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(7月28日)
  • 図書館サービス研究グループ研究例会(7月21日)

<報告>

  • 情報組織化研究グループ月例研究会報告(目録はどうなる:目録作成利用環境の構造転換)
    (国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC‐NDL)解読講座)
  • 2012年度図書館学セミナーについて
  • 住所・勤務先等の変更をお知らせ下さい
  • 新入会員紹介
  • 評議員の繰り上げ当選について
  • 理事会報告