『図書館界』71巻6号(通巻411号)March, 2020

目次


《座標》

久野 和子図書館を「サードプレイス」ではなく「第三の場」に


《特集・2019年度図書館学セミナー》「公共図書館における地域資料に関わるサービスの意義と今後の展望」

日置 将之テーマ設定の趣旨嶋田 学基調講演 公共図書館における地域資料に関わるサービスの意義と今後の方向性について-瀬戸内市立図書館での実践事例をもとに-相宗 大督報告1 まちについての思い出を,図書館で残すプロジェクト-大阪市立図書館における「思い出のこし」事業の実例をもとに-森谷 芳浩報告2 関係機関との連携による神奈川県行政資料アーカイブの構築と運営について野口 環報告3 『タオルびと』制作プロジェクト~地域産業資料に関する情報の収集と発信~青木 和人報告4 図書館における地域資料の新たな活用方法としてのウィキペディア・タウン 事業の意義と現状,今後の展開について討議コーディネーター:嶋田 学


《書評》

小泉 公乃嶋田 学著『図書館・まち育て・デモクラシー:瀬戸内市民図書館で考えたこと』


《新刊紹介》

加藤 信哉音楽図書館協議会40年史編集委員会編著『日本の音楽図書館:音楽図書館協議会40年のあゆみ』


《追悼・三苫正勝さん》

馬場 俊明三苫さんの流儀・実践知久保田 正啓枚方市立図書館における三苫館長


<報告>

  • 第13回日中国際図書館学セミナー報告
  • 研究例会(図書館における非正規雇用を考える)
  • 愛知研究例会(フランスにおける非公務員としての図書館職)
  • 情報組織化研究グループ月例研究会(戦前日本の目録を巡る学説史)
  • 図書館学教育研究グループ研究例会(YA担当職員は米国のウェビナー (ウェブセミナー)から何を学んでいるのか)
  • 図書館サービス研究グループ研究例会 (守口市立図書館を“ほんもの”にするために)

<案内>

  • 特別研究例会(予告)(6月7日)
  • 研究例会(4月18日)(5月22日)
  • 図書館学教育研究グループ&情報組織化研究グループ合同研究会(3月14日)
  • 図書館学資料保存研究グループ研究例会(5月23日)
  • 図書館サービス研究グループ研究例会(3月28日)(4月25日)
  • 比較図書館情報学研究グループ研究例会(6月27日)
  • 理事会報告
  • 『図書館界』投稿規定
  • 75周年記念事業実行委員会報告
  • 2020年度会費の払込みの時期がまいりました