図書館職の記録研究グループ

図書館職の記録研究グループ

※2019年3月をもって活動を休止


目的・内容・活動計画など

 本グループは、現代図書館のなかに司書の自己形成と仕事の記録を残すことを目的とします。『あるライブラリアンの記録』を発行した女性図書館職研究会から派生しました。以下の冊子を発行しています。

  • あるライブラリアンの記録:レファレンス・CIE・アメリカンセンター・司書講習 豊後レイコ著 (シリーズ 私と図書館 No.1) 2008年
  • 図書館職と東南アジア:地域研究情報資源、シニアボランティア、カンボジア 北野康子著 (シリーズ No.2) 2009年
  • あるライブラリアンの記録・補遺:写真と資料で綴る長崎・大阪CIE図書館から大阪ACC図書館初期まで 豊後レイコ著 (シリーズNo.3) 2010年
  • ネパールと私、そして図書館:青年海外協力隊、シニア海外ボランティア、多文化社会 山田伸枝著 (シリーズNo.4) 2011年
  • 現場からの図書館学:わたしの図書館人生を顧みて 伊藤昭治著 (シリーズNo.5) 2011年
  • 図書館への思い:図書館職の記録 書誌リスト 大島真理編 2013年
  • 図書館から、図書館を超えて: 視覚障害学生との出会い、DAISY、国際貢献 語り手:河村宏 (シリーズNo.6)  2014年10月
  • 歩みをふりかえって:都立図書館の司書として 迫田けい子著 (シリーズNo.7)  2016年11月
  • 多文化の町トロントの図書館で38年:日本人司書の記録 リリーフェルトまり子著 (シリーズNo.8)  2018年6月

※購入希望者は、日本図書館協会事務所までご連絡ください。

 本グループでは、先行研究としてオーラルヒストリー研究グループの方法から多くを学んでいます。また森耕一氏の御遺稿である『図書館との半生―読書・思索・智命』など、先達の記録を大切な遺産として学び、受け継ぎたいと思っています。皆さまのご助言をお願いします。代表者:赤瀬 美穂連絡先:〒658-8501 神戸市東灘区岡本8-9-1 甲南大学文学部 赤瀬研究室akase@center.konan-u.ac.jp (@は半角に置き換えてください)