大会・研究会等

日本図書館研究会の大会・研究会等

日本図書館研究会では、各種の研究関係行事を行っています。200名近くの参加者を予定する研究大会から、小さな会場で回数を重ねる研究例会など、様々な規模のものがあります。いずれも、会員・非会員を問わず、内容に興味のあるすべての人に開かれた会です。

各行事名をクリックすると、概要・案内・過去の実績等を紹介します。

研究大会第62回(2020年度)研究大会
「コロナ禍における図書館~パブリックの再構築に向けて」(2021.3.14-15 オンライン形式) 終了
図書館学セミナー「公共図書館における地域資料に関わるサービスの意義と今後の展望」(2019.10.6 奈良大学(奈良市)) 終了
国際図書館学セミナー第13回国際図書館学セミナー「図書館とデジタル人文学の関係を考える:オープンデータの視点から」(2019.10.17-18 上海図書館) 終了ブロックセミナー九州ブロックセミナー
(2021.3.13 オンライン形式) 終了
研究例会第367回研究例会「コロナ禍における公共図書館のレファレンスについて-大阪市立図書館の実践報告-」(2021.5.19)特別研究例会「図書館の戦後体制と市民の図書館(仮)」(2021.5.30または2021.6.6)