案内・プログラム 第40回(1998年度)

1999年1月1日各  位

日本図書館研究会
理事長  塩見 昇

第40回研究大会の開催について(ご案内)


1998年度日本図書館研究会第40回研究大会を下記により開催いたします。
今大会も例年通り、第1日目に個人研究発表とグループ研究発表を行います。
第2日目には「都道府県立図書館の一層の発展を目指して」をテーマにして、4人のパネリストの方々と共にシンポジウムを行います。
本大会に、会員はもとより、多くの方が参加されますよう期待しております。

日  時:1999年3月8日(月)~9日(火)会  場:本能寺文化会館
〒604-8091  京都市中京区河原町御池
       TEL.075-231-3123(代)
参 加 費:会 員 2,000円
非会員 3,000円(2日目のみの場合は2,000円)
学 生 1,000円
当日、受付でお支払いください。団体会員は非会員扱いとなります)

参加申込・お問い合わせ先:2月10日(水)までに葉書で下記宛お申し込みください。
なお、お電話でのお申し込みは受付かねます。

〒580-0044 松原市田井城1丁目2番23号
松原市民図書館内 西村一夫 宛
TEL 0723-34-8042


◇ 第40回研究大会プログラム ◇

     司  会 :  研究委員 山本昭和 ・ 矢野明子

第1日目(1999年3月8日)

9:30~ 受  付
10:20~ 開会挨拶 : 理 事 長 塩見昇

個人研究発表(報告15分質疑5分)

10:30~10:50 (1)アメリカ合衆国公共図書館における利用指導・教育
前川和子(大谷女子短期大学)

10:50~11:10 (2)技術的側面より観た大学図書館のグループウェア的思考の展開
            —-図書館を学術情報流通機関として捉える
平井尊士(兵庫大学情報処理センター)

11:10~11:30 (3) 図書館員の専門性は認知されているか
杉山誠司(日本福祉大学付属図書館)

グループ研究発表(報告30分質疑10分)

11:30~12:10 (1)わが国における学校図書館司書教諭養成にかかわる諸問題
           —-平成11年度からの新カリキュラムへの移行を中心に
渡辺信一・柴田正美(図書館学教育研究グループ)

————————————————————————–
12:10~13:20     《 昼 食・休 憩 》
————————————————————————–

13:20~14:00 (2)『資料組織概説』教科書の比較検討
吉田暁史(整理技術研究グループ)

14:00~14:40 (3)『情報サービス』概念の導入とその領域
志保田務・濱崎邦子(奉仕研究グループ)

14:40~14:55     《休憩15分》

14:55~15:35 (4)OPACにおけるデータベース構造
村上泰子・北克一(「マルチメディアと図書 館」研究グループ)

15:35~16:15 (5)こう考えているうちは公立図書館の発展はない
加藤ひろの・脇坂さおり(読書調査研究グループ)

16:50~ ☆図書館研究奨励賞報告  選考委員会委員長 伊藤昭治
      ☆会務報告           事務局長 川崎良孝
————————————————————————-
17:15~19:15 ☆交流会


第2日目(1999年3月9日)

シンポジウム <都道府県立図書館の一層の発展を目指して>

10:00~10:10 テーマ設定の趣旨            研究委員長 西村 一夫

10:10~11:20 都道府県立図書館の全国的動向と課題
塩見昇(日本図書館協会常務理事、図書館政策特別委 員会委員長)

11:20~12:00 大阪府立図書館の目指すもの
          —-市町村図書館への援助を中心として
前田章夫(大阪府立中央図書館)

————————————————————————-
12:00~13:10     《 昼 食・休 憩 》
————————————————————————-

13:10~13:50 都道府県立図書館へ望むもの
櫛谷友己(阿南市立図書館)

13:50~14:30 都道府県立図書館の充実を願って
池村奈津子(京都家庭文庫地域文庫連絡会)

14:30~16:30       討  議

【趣 旨】

 公立図書館の任務と目標」(日本図書館協会、1989)、「公立図書館の設置及び運営
に関する基準」(1992)、『県立図書館の役割と実践』(文部省、1994)等の中で、都道
府県立図書館の果たすべき役割として、市町村図書館の活動を支援すること、県域ネ
ットワークの要としての活動をすることが明確にされた。
 しかし、新しく図書館を建設したり、新館の構想を考える時にそうした役割が十分
に考慮され、実行されているだろうか。市町村立図書館がその力を十分に発揮するた
めには、都道府県立図書館の援助は欠かすことができない。都道府県立図書館の現在
の状況を明らかにしながら、今後の図書館サービスの拡大に向けてのその役割を考え
たい。


《 お 願 い 》

  • 参加者名簿、予稿集を作る必要がありますので申し込み期日は厳守して下さい。
  • 第1日目の夜に交流会を予定しております。全国各地の情報交換や旧交を温める
    年に一度の良い機会だと思いますので、多数ご参加下さい。
    参加ご希望の方は大会申し込みの際に、お葉書にその旨お書き添え下さい。
    会費は5,000円程度を予定しています。
  • 大会参加について公式文書が必要な方は下記の事務局宛ご請求下さい。
      〒531-0072 大阪市北区豊崎3-8-5 朝日プラザ梅田 II-108
             日本図書館研究会 ( 06-6371-8739 FAX兼/月・木 13:00-17:00 )
              E-mail CZS04500@nifty.ne.jp
  • 手話通訳などを希望される方は申込時にお申し出ください。
  • 宿泊の斡旋はいたしかねますので、各自お早い目にご用意下さい。