震災お見舞い、および日本図書館研究会の震災対応について

 東日本大地震と津波により甚大な被害に遭われた皆さまに御見舞申し上げます。

 できるだけ多くの人々が救われることを願い、皆様の生活と職場が早期に復旧されることを祈ります。

日本図書館研究会理事長 川崎良孝


 震災を受けた多くの図書館では、施設や書架などの倒壊、資料の散逸など甚大な被害を蒙っています。

 日本図書館研究会では、この未曽有の災害によって被災された会員(個人・団体)への支援、及び被災図書館の復旧、復興を支援するため、理事会において下記の対応を行うことを決定しました。

  1. 被災された会員への会費の1年間免除
  2. 被災された会員へ『図書館界』を1年間寄贈、 及び日本図書館研究会刊行資料の寄贈
  3. 『図書館界』の震災関係論文のHPでの提供
    (→図書館の災害復興、危機管理を扱った『図書館界』掲載文献
  4. 研究例会、ブロックセミナー等で震災についてとりあげることを検討
  5. 震災を受けた図書館の復旧の一助として、義援 金50万円を日本図書館協会を経由して送る。