日本図書館研究会理事会報告

日時2014年7月6日(日)14:00~17:10場所大阪教育大学天王寺キャンパス東館進行南亮一

議題

(1)各委員会・担当報告

a) 編集委員会

  • 66巻1号・2号刊行済み。66巻3号以降の編集経過等の報告。
  • 書評の採択基準についての質問…同じ著者が続く場合や,適切な書評誌が見つからない場合は取り上げないこともある。
  • 座談会「障害者サービスと日図研」について:提供されるテキストデータの質に問題がある等の指摘あり。障害者会員から出された改善案をもとに対応を考える。

b) 研究委員会

  • 平成26年度研究大会について…[開催日時]2015年2月21・22日(土・日),[会場]大手前大学夙川キャンパス,[テーマ]「学びの変化と図書館」。
  • 基調総論の講師の人選と,公共図書館をどう関連づけるかにつき,引き続き研究委員会で検討。
  • 2013年度研究委員会決算報告…研究大会と図書館学セミナーの講師を遠方から多く呼び,交通費・講師謝礼額が膨らみ,また当てにしていた寄付金収入がなかったこともあり,計11万円余の赤字となった。

c) ブロックセミナー担当

  • 北海道と大分で実施する方向で検討中。実施の方向を確認。

d)奨励賞担当

  • 選考委員の追加…理事・監事以外の選考委員が塩見昇氏のみであり,初代委員でもある深井耀子氏を選考委員に追加。
  • 『界』11月号掲載用原稿の確認。

e)国際交流担当

  • 理事長から,第10回国際図書館学セミナーの準備状況の報告。

(2)事務局報告

  • 会員は入会者8名,退会者7名,団体の退会が3団体であった。本の在庫推移については『目録と分類』が348冊減った。その他後援依頼等について報告。
  • 評議員会で問題提起された事項の検討
  • 会員名簿について…役員選挙向けの名簿に掲載する情報について,経費節減につながることを考慮し,今回から姓名と所属のみの掲載とする。

(3)理事会の予定

  • 理事長から年内にあと2回開く必要性につき問題提起があり,研究大会の準備にも支障がないことを確認の上,次回は11月9日(日)午後2時から開催することとなった。

出席者

理事長-川崎良孝,事務局長-前田章夫,理事-赤澤久弥,狩野ゆき,木下みゆき,寒川登,志保田務,高鍬裕樹,谷嶋正彦,前川敦子,松井一郎,松井純子,南亮一,事務局-松井宏