日本図書館研究会理事会報告

日時:2015年9月6日(日)14:00~17:00場所:大阪教育大学天王寺キャンパス出席者:前田章夫(理事長),松井純子(事務局長) 赤澤久弥,狩野ゆき,岸本岳文,木下みゆき,志保田務,常世田良,日置将之,前川敦子,前川和子,南亮一,村岡和彦,山本昭和,渡邊隆弘(以上理事),飯田寿美,松井 宏(以上事務局)進行:山本昭和

議題

1.理事の辞任と後任理事の補充について

前回理事会で山本順一理事の辞任を承認し,後任の理事を2015-2016年度役員選挙における次点者から補充することになった。よって,次点者に順次打診し,前川和子氏が要請を受諾されたので,後任の理事に就任いただくこととした。
また7月半ば,高鍬裕樹理事が体調不良のため編集委員長・理事の辞任を申し出た。編集委員長という主要役職者の辞任のため,慎重に対応を検討した結果,辞任を承認するとともに,後任の編集委員長に村岡和彦氏を充てることとした。
なお,前川・村岡両氏の理事就任手続きは,会則第8条・第9条に基づき,次のとおり行った。①山本理事,高鍬理事とも当選理事であったため,すでに今期の推薦理事に決定していた狩野・岸本両理事を当選理事に繰り上げた。②その結果,推薦理事に2名分の空席が生じたので,前川・村岡両氏を推薦理事に推すこととし,通信評議員会に諮った。③9月早々,通信評議員会をメールにて実施し,前川氏については評議員定数25名中18名,村岡氏については同じく25名中17名の賛成を得た(どちらも反対なし,他は未回答)。よって,両氏の理事就任が承認・決定した。なお両氏の任期は,会則第9条により,2017年3月までとなる。

2.理事の役割分担について(再検討)

上記1.の結果を受けて再検討した結果,編集委員長に村岡理事,図書館研究奨励賞担当に志保田理事と前川和子理事を決定した(p.283参照)。
なお今期は図書館研究奨励賞創設時に戻って選考委員会形式とし,委員長に志保田理事,委員長を補佐する委員に前川理事を充てることとした。

3.各委員会・担当報告

1) 編集委員会

  • 67巻2号(2015年7月号)7/10発送,102p.
  • 67巻3号(2015年9月号)8/31発送,58+4p.
  • 67巻4号(2015年11月号)編集開始
  • 67巻2号(研究大会特集号)掲載予定の情報組織化研究グループ,筑波研究例会の論文原稿が間に合わず,次号(67巻3号)掲載としたが,結果として筑波研究例会は辞退し,情報組織化研究グループのみ67巻3号に論文掲載した。
  • 掲載が遅れていた2014年度国際図書館学セミナー特集を67巻4号に掲載することとし,全体報告のみ67巻3号に先行掲載した。
  • 座標の執筆順を,新理事の加入により再確認
  • 投稿原稿(論文,現場からの提言)について
  • 書評・新刊紹介で取り上げる図書について
  • 特集企画について提案があった。次回委員会で具体的に検討する。
  • 障害者会員が入会されたので,適切に対応する。

2) 研究委員会

  • 研究例会:開催報告と今後の予定(第316回 7/17まで開催済,12月開催の第317回以降を検討中)
  • ワークショップ:8月30日(日)灘中高図書館
    テーマ:学校図書館専門職員制度化の課題を考える(講師:塩見昇氏),参加者39名(うち非会員19名),『界』67巻5号に報告を掲載予定
  • 図書館学セミナー:10月24日(土)ドーンセンター
    テーマ:図書館に関係する著作権の動向2015
    発表者:南亮一,福井健策,生貝直人,野村美佐子
  • 第57回研究大会:2016年2月21日(日)・22日(月)立命館大学朱雀キャンパスにて開催
    テーマ:図書館と障害者差別解消法の施行(仮)
    講師:候補者を検討中。次回理事会にて確定
  • メールマガジン発行:例会等の広報用。登録者を募集中

3) ブロックセミナー担当

  • 2016年2月15日(月)熊本県立図書館にて九州ブロックセミナー開催。テーマ,講師は検討中。他ブロックは予定なし

4)国際交流担当

  • 国際セミナーは今年開催なし

5)図書館研究奨励賞担当

  • 2015年度奨励賞の対象論文について意見交換。『界』67巻4号にて推薦を公募。また,選考委員会の構成についても検討。選考に万全を期すため,基本的に前期のメンバーを再任し,志保田選考委員長から委員就任を依頼する。ただし,編集委員長は新委員長に交替し,理事長の選考委員兼務を廃止する。

6)出版担当

  • 新たな出版企画について意見交換

7)広報・組織担当

  • 日図研公式ツイッターについて『界』67巻3号で紹介。フェイスブックも活用していく。メールマガジンの登録を呼びかける。

8)障害者担当

  • 新たに視覚障害者会員1名の入会があり,合計3名に『界』テキストデータを送付。研究大会予稿集や図書館学セミナーの場合の対応を確認(従来は研究委員会で対応)。

9)ホームページ担当

  • 『界』オープンアクセスは67巻6号までは従来どおりだが,68巻1号からはバックナンバーともJ‐STAGEに移行。2016年1月までに移行申込。PDF化の作業が課題である。

4.事務局報告

1)会員の動態:

  • 入会者:個人 8名,団体 なし
  • 退会者:個人 4名,団体 1件
    小林卓氏,杉山誠司氏がご逝去により退会

2)刊行物の在庫:前回からの推移を報告3)転載願:2件を承認4)後援依頼:第17回図書館総合展ほか2件を承認

5.日図研創立75周年記念事業について

  • 2021年に創立75周年を迎えるにあたり,記念事業の実施について意見交換。創立50周年の際の事業内容・実施形式を参考に,次回理事会で具体的に検討する。寄付金窓口の開設など。

6.『界』67巻2号,3号について

7.情勢討議

  • 大阪府立男女共同参画・青少年センター図書室の指定管理者が施設部分と合わせて公募されることになった。

8.今後の予定

  • 理事会(第4回):11月8日(日)未定
  • 理事会(第5回):12月20日(日)未定
  • 図書館学セミナー:10月24日(土)ドーンセンター

(記録文責:松井純子 事務局長・大阪芸術大学)