日本図書館研究会理事会報告(2018年度第6回)

日 時:2019年1月27日(日)13:00~17:30
場 所:日図研事務所
出席者:狩野ゆき,坂本 拓,櫻井待子,志保田務,常世田良,西尾恵一,日置将之,前川敦子,
    前川和子,前田章夫,松井純子,家禰淳一(以上理事),飯田寿美(事務局)
進 行:坂本 拓
議 題
1.各委員会・担当からの報告
1)編集委員会
・70巻5号(2019年1月号)発行済み,54+4p
・70巻6号(2019年3月号)編集中,セミナー特集
・71巻1号(2019年5月号)2018年度決算報告・2019年度事業計画・予算案
・天理時報社がGW10連休となる可能性があり,その場合5月号は連休明け発行になるとの見通し。
・座標の執筆順の確認,投稿論文の審査状況および書評・新刊紹介の依頼状況について報告。
・400号記念特集号の単行本化の編集状況について。レビュー論文1本到着待ち。2019年3月
 末に刊行。
2)研究委員会
・研究例会:346回・347回いずれも3/9,348回5/31の開催が決定済み。350回7月,
 351回9月の開催を調整中。
・特別研究例会:2019年6月2日(日)相愛大学本町学舎にて開催。講師:石川准氏(静岡県立大学),
 テーマ:障害者の情報保障の在り方について(調整中)。
・2018年度研究大会:2019年2月16日(土)・17日(日)同志社大学にて開催。準備状況等を
 報告。
・2019-2020年度グループ研究助成の申請について検討。11グループに対し申請どおり交付
 を決定。
・広報(HP,メルマガ,twitter等)の状況を報告。
3)ブロックセミナー担当 特になし
4)国際交流担当
・第13回国際図書館学セミナー:2019年10月24日(木)・25日(金)を第一候補に上海図書館
 にて開催。テーマはデジタル人文学,オープンアクセス。『界』70巻6号に予告,71巻1号で発
 表者募集。
5)図書館研究奨励賞選考委員会
・2018年度奨励賞を,木内公一郎氏,村上幸二氏の2名に授与することを決定。
6)出版担当
・『より活発に利用される図書館を目指して-伊藤昭治が言いたかったこと-』2019年2月末発行
 予定。500部,定価2,000円。現在4校
・『界』400号記念特集号の単行本化(上述)
・販売ルートの開拓 Amazonでの販売を開始
7)広報・組織担当 年度内にチラシを作成予定
8)障害者会員担当 『界』テキスト配布は順調
9)ホームページ担当 特になし
2.事務局からの報告
1)会員の動態(前回理事会以降の増減)
・入会者:個人1名,団体1件 退会者:個人7名,団体なし
*2018年度入会者数32名,2018年度退会者数36名
*2018年度入会団体数2,2018年度退会団体数7
*1/27現在の個人会員707名,団体会員369団体
2)刊行物の在庫(略) 3)転載願 1件3論文承認  4)後援依頼等 なし
3.2019-2020年度役員選挙の実施について
①役員候補者の公示の誤植訂正について 『界』70巻4号「役員候補者(公示)」に誤植があり(『界』
 70(6),p.681参照),その対応について説明。
②現在の投票状況  ③今後の日程
4.2018年度仮決算報告
 年度末の本決算に向けて現在の状況を報告。
5.財政健全化の方策について
・以下の項目について引き続き検討を行った。
 1)現時点で実施可能な経費節減策・収入増加策
 2)現在の事業の見直しの具体的方向と内容
 3)会員増につながるような魅力ある新たな事業
 4)会員のニーズを反映した事業
 5)その他(組織改革等)
・具体的には①雑誌刊行費の見直し(ページ単価の引下げ),②ホームページのリニューアルなど。
6.『界』70巻5号について (略)
7.情勢討議,その他 岡山市が会計年度任用職員に年齢制限(35才)を設けることになり,学校図書館司
 書への影響が避けられない。
8.今後の予定
・理事会(2019年第1回):4月7日(日)事務所
・理事会(2019年第2回):5月26日(日)事務所
・2019年度評議員会:6月2日(日)相愛大学
                         (記録文責:松井純子 事務局長・大阪芸術大学)