日本図書館研究会理事会報告(2019年度第2回)

日 時:2019年5月26日(日)13:00~18:00
場 所:日図研事務所
出席者:赤澤久弥,狩野ゆき,川﨑千加,河西聖子,川原亜希世,嶋田 学,常世田良,西尾恵一,
    原田隆史*,日置将之,前川敦子,前川和子,松井純子,山口真也*(以上理事),
    飯田寿美(事務局)*原田,山口はWeb参加
進 行:西尾恵一
議 題
1.2019―2020年度理事の役割分担について(補足)
 前回理事会で決定した理事の役割分担(『界』71(1),p.62参照)について,未定または補充
 が必要な担当者を,以下のとおり追加決定した。
 ・ホームページ担当:河西聖子
 ・役員選挙制度検討委員会:前川和子
2.各委員会・担当からの報告
1)編集委員会
・71巻1号(2019年5月号)発行済み,78p
 10連休のため,5/10発送となった。
・71巻2号(2019年7月号)編集中,研究大会特集号
・71巻3号(2019年9月号)
・投稿論文の審査状況,書評・新刊紹介の依頼状況など
・400号記念特集号の単行本化について,論文到着が遅れるため刊行を再度延期し,9月末とする。
・投稿原稿の謝礼廃止等にともない,投稿規定・執筆要綱を全面的に見直した。改定案を検討。
・例会報告・案内のホームページへの移行,研究大会グループ研究発表の論文掲載について検討。
2)研究委員会
・研究例会:348回5/31,350回7/6,351回9/27の開催が決定済み。352回11月の
 開催を調整中。
・特別研究例会:2019年6月2日(日)相愛大学本町学舎にて開催。講師:石川准氏(静岡県立大学),
 テーマ:「障害者の情報保障をめぐる動向と図書館が果たすべき役割,期待について(仮)」
・2019年度図書館学セミナー:2019年10月6日(日)
奈良大学にて開催決定。テーマ:「公共図書館における地域資料サービスの意義と今後の展望」
 講師:嶋田学氏ほか
・2019年度研究大会の会場とシンポジウムのテーマについて検討。
・研究グループの結成・解散に関する規定を見直し,改正案を検討した。おおむね承認。
3)ブロックセミナー担当 特に進展なし
4)国際交流担当
・第13回国際図書館学セミナー:2019年10月17日(木)・18日(金)上海図書館にて開催。
テーマ:「図書館とデジタル人文学の関係を考える:オープンアクセスの視点から」
・セミナー発表者2名を公募中(6/9期限)。その後理事会にて選考を行い,7/8頃に発表者を決定。
 ほかに川崎良孝元理事長の基調講演(記念講演)
5)図書館研究奨励賞選考委員会
・2019年度選考委員について検討中
6)出版担当
・『より活発に利用される図書館を目指して』
 TRCからの追加注文により300部増刷
・400号記念特集号単行本の発行部数を300部に
7)広報・組織担当 特になし
8)障害者会員担当 『界』テキスト配布は順調
9)ホームページ担当
・ウェブサイトのリニューアル費用50万円を2019年度予算案に計上。これを評議員会に提案し,
 承認を求めるにあたり,事業内容を詳細に検討。
・『界』刊行費用の削減,速報性の改善,情報発信 力の強化を基本方針とする。
3.事務局からの報告
1)会員の動態(前回理事会以降の増減)
・入会者:個人4名,団体なし 退会者:個人4名,団体4件
*2019年度入会者数13名,2018年度退会者数57名
*2019年度入会団体数0,2018年度退会団体数15
*5/26現在の個人会員699名,団体会員361団体
2)刊行物の在庫(略)  3)転載願 なし
4)後援依頼 1件承認 5)その他(略)
4.財政健全化の方策について
・これまでの検討結果について精査し,評議員会に何をどのように提案するか議論。
・会員の減少や経費削減を前提とした事業計画ではなく,会の活動を活性化させる方向で考える。
5.75周年記念事業について
 p.226「75周年記念事業実行委員会(第3回)」参照
6.『界』71巻1号について
・p.60「2019―2020年度役員選挙結果」の「投票概況」の表,およびp.77「理事会報告」
 の「7.情勢討議」に誤記があり,次号で訂正を行う(訂正記事は『界』71(2),p.172に掲載済み)。
7.情勢討議,その他 
・会計年度任用職員制度の導入による影響について
・日図協改革について
8.今後の予定
・理事会(2019年度第3回):7月28日(日)事務所
・理事会(2019年度第4回):9月29日(日)事務所
・図書館学セミナー:10月6日(日)奈良大学
                           (記録文責:松井純子 事務局長・大阪芸術大学)