日本図書館研究会理事会報告(2019年度第6回)

日 時:2020年2月2日(日)13:00~17:30
場 所:日図研事務所
出席者:赤澤久弥,狩野ゆき,川﨑千加,河西聖子,川原亜希世,久野和子,常世田良,西尾恵一,
    原田隆史,日置将之,前川敦子,前川和子,松井純子,山口真也(以上理事)
    志保田務,西村一夫(以上監事)
    飯田寿美(事務局)
欠席者:嶋田 学(理事)
進 行:河西聖子
議 題
1.各委員会・担当からの報告
1)編集委員会
・71巻5号(2020年1月号)発行済み,38+4p
・71巻6号(2020年3月号)編集中,セミナー特集
・72巻1号(2020年5月号)決算・事業計画・予算案
・投稿論文の審査状況,書評・新刊紹介の依頼状況
・72巻で特集を企画・実施したい。テーマ・形式等を次回委員会で検討する。
・400号単行本の文献索引を入稿→完成へ
・次年度からの新委員について紹介があった。
2)研究委員会
・研究例会:356回3/29,357回4/18,358回5/22,の開催が決定済み。360回7月,
 361回9月の開催を調整中。359回は特別研究例会(下記参照)。
・2020年度特別研究例会:6月7日(日)同志社大学にて開催と決定。『界』71巻6号に予告。
・2019年度研究大会:2020年2月22日(土)・23日(日)立命館大学朱雀キャンパスにて開催予定。
 『界』71巻5号に案内を掲載済み。
・メルマガ,ツイッター,他団体への広報依頼など
※新型コロナウイルス感染症の影響のため,2019年度研究大会は中止,研究例会・特別研究例会も中止
 または延期となっている。(4/7追記)
3)ブロックセミナー担当
・2020年12月頃,九州ブロックで公共図書館の研修として実施する方向で検討中。
4)国際交流担当
・第13回国際セミナー報告を『界』71巻6号に掲載。
・2020年度(第14回)は日本国内で開催。テーマは上海図書館と今後相談する。
・以後は中止,または枠組みを再検討して継続するかを,次回(2022年度)までに検討する。
5)図書館研究奨励賞選考委員会
・2019年度奨励賞授賞者・論文について,選考委員会の決定を了承。森井理恵氏「看護基礎教育機関の図
 書館における利用者教育:効果的な情報リテラシー教育の要件からの検討」(『界』69巻4号)
6)出版担当
・『界』400号単行本は3月半ばに発行。
・『情報資源組織法』(『図書館資料の目録と分類』改題)は現在2校。3月下旬発行予定。
7)広報・組織担当
・次年度から『界』広告料を外税方式に変更。
8)障害者会員担当  特に問題なく順調。
9)ホームページ担当
・HPリニューアルにあたり,現行ウェブサイトの整理が必要になる。これまでの分はアーカイブとして保存する。
2.事務局からの報告
1)会員の動態(前回理事会以降の増減)
・入会者:個人5名,復籍1名,団体なし 退会者:個人11名,団体2件
*2019年度入会者数38名,2019年度退会者数33名
*2019年度入会団体数0,2019年度退会団体数3
*2/2現在の個人会員691名,団体会員336団体
2)転載願 2件3論文の転載を承認
3)後援依頼 学習会1件の後援を承認
3.2019年度仮決算報告
 1月29日時点の予算執行状況を説明,確認した。
4.財政健全化の方策について
・次年度は,会費値上げではなく,5年くらいの長期の事業計画・予算案を提案するほうがよい。
・会員増を図るにしても,会員であることのメリットがわかりにくい。大会・セミナー参加費に差をつける,会員
 限定のセミナーや講座を行うなど。
・役員選挙制度の見直しについて
5.75周年記念事業について
 p.52「同 実行委員会報告(第7回)」参照
6.『界』71巻5号について(略)
7.情勢討議,その他(略)
8.今後の予定
・理事会(2020年度第1回):4月5日(日)事務所
・理事会(2020年度第2回):5月17日(日)事務所
                            (記録文責:松井 純子 事務局長・大阪芸術大学)