TOP > 研究グループ > 例会等案内 / Last update: 2016.11.20

研究グループ例会等のご案内

日本図書館研究会の各研究グループから寄せられた、研究例会案内等の情報を掲載しています。お問い合わせ等は各グループの連絡先にお願いします。

掲載順は開催日付によります。開催の迫っているものから順に表示しています。


図書館サービス研究グループ
2016.11.20掲載

図書館サービス研究グループ研究例会

日 時:2016年12月17日(土)10:00〜12:00
テーマ:21世紀の図書館職員養成:アメリカとオーストラリアを事例に
発表者:大城善盛氏(元同志社大学)
 (2016年度図書館を学ぶ相互講座第9回との共催)
終了後,午後に中之島近辺で,年末会を開催する予定です。お時間のある方は是非,ご参加ください。
会 場:大阪府立中之島図書館別館2階 多目的スペース3
    大阪市北区中之島1丁目2―10
    地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」1番出口から徒歩5分。
    京阪電鉄中之島線「なにわ橋駅」出入口1番より徒歩3分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanhoushi@yahoo.co.jp

情報組織化研究グループ
2016.11.20掲載

情報組織化研究グループ研究例会

日 時:2016年12月24日(土)14:30〜17:00
会 場:弁天町ORC200生涯学習センター第3研修室 (オーク200ビル内 2番街7階)
    JR環状線「弁天町」駅または地下鉄「弁天町」駅西口2A出口からORC200への連絡通路を進み,
    中央エレベーターで7階へ(徒歩5分)
発表者:松井純子(大阪芸術大学)ほか
テーマ:日本目録規則改訂素案(新NCR)の検討
概 要:現在,新しい『日本目録規則』(新NCR)の策定作業が,JLAとNDLの連携により進められている。
    新規則の公開(2017年度内)まであと1年と数か月となり,規則案もかなりの部分が公表
    されているが,新NCRは,FRBRモデルに基づくRDA(Resource Description and Access,AACR
    の後継の目録規則)への対応を図ったことで,現行NCRとは枠組みが大きく異なったものとなりつつある。
    今回の発表では,現在公表されている条文案のうち,2016年前半までに公表された条文案
    (典拠形アクセス・ポイント関係,体現形の属性)を取り上げ,その概要と,グループでの検討成果
    を報告したい。
問い合わせ:info@josoken.digick.jp(世話人・松井)
※事前申込は不要です。当日お気軽にご参加下さい。

図書館サービス研究グループ
2016.11.20掲載

図書館サービス研究グループ研究例会

日 時:2017年1月21日(土)10:00〜12:00
テーマ:情報資源組織演習教授法自主研修会の試み
発表者:前川和子氏(前大手前大学)
 (2016年度図書館を学ぶ相互講座第10回との共催)
会 場:大阪府立中之島図書館別館2階 多目的スペース3
    大阪市北区中之島1丁目2―10
    地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」1番出口から徒歩5分。
    京阪電鉄中之島線「なにわ橋駅」出入口1番より徒歩3分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanhoushi@yahoo.co.jp

→ バックナンバー(開催済の情報)