『図書館界』65巻(2013-2014)総目次



TOP > 『図書館界』 > 総目次/総索引 > 65巻総目次 Update: 2014.3.16

『図書館界』65巻(2013-2014)総目次


65巻1号(通巻370号)2013年5月

《座標》読書のゆくえ (寒川 登) 1
《論文》実質的転換期にある学校図書館:東京都荒川区の学校図書館施策と区立中学校図書館の取り組み (上原 樹代) 2~15
2013年度会費払込みの時期がまいりました 15
<2012年度図書館学セミナー>図書館協力の現状と課題 16~48
テーマ設定の趣旨<2012年度図書館学セミナー> (志保田 務) 16
《発表1》県立図書館における図書館協力:市町村図書館との連携を中心に<2012年度図書館学セミナー> (岸本 岳文) 16~20
《発表2》市立図書館における図書館協力,図書館新設を含んで<2012年度図書館学セミナー> (嶋田 学) 20~25
《発表3》大学図書館における図書館協力<2012年度図書館学セミナー> (熊井 あづさ) 25~28
《発表4》国立国会図書館の“業務支援型“図書館協力サービスの現状と今後の展望<2012年度図書館学セミナー> (南 亮一) 28~31
《討議》図書館協力の現状と課題<2012年度図書館学セミナー> 31~48
《エコー》ドイツの図書館雑誌 Bibliotheksmagazin (河井 弘志) 48~49
《書評》ウェイン・A.ウィーガンド著;川崎良孝,川崎佳代子,福井佑介『メインストリートの公立図書館:コミュニティの場・読書のスペース・1876-1956年』 (伊東 達也) 50~51
《書評》薬師院はるみ著『名古屋市の1区1館計画がたどった道:図書館先進地の誕生とその後』 (小前 恭則) 52~53
《書評》溝上智恵子,呑海沙織,綿抜豊昭編著『高齢社会につなぐ図書館の役割:高齢者の知的欲求と余暇を受け入れる試み』 (加藤 ひろの) 54~55
《新刊紹介》牧野雄二,川嶋斉著『新着雑誌記事速報から始めてみよう:RSS・APIを活用した図書館サービス』 (奥野 吉宏) 56
《新刊紹介》有山崧生誕100周年記念集会実行委員会編『有山崧の視点から,いま図書館を問う:有山崧生誕100周年記念集会記録』 (田代 守) 57
研究例会報告<第286回>図書館ICT基礎知識:IPA報告書を読もう!(上原哲太郎) 58~59
研究例会報告<第287回>高齢者一人一人の公共図書館へのニーズ(読書調査研究グループ) 59
愛知研究例会報告<第193回>愛知・岐阜・三重県下の自治体における司書採用の実態(福永智子) 60~61
愛知研究例会案内<第195回> 61
「図書館を学ぶ相互講座」2013年度春季ご案内 61
図書館学教育研究グループ例会報告<第150回>これからの学校図書館を支える人たち 62~63
図書館学教育研究グループ例会案内<第152回> 63
『図書館界』総目次・総索引について 63
「現場からの提言」「エコー」にご投稿を 63
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年1月月例研究会>ISBD統合版の研究:改訂内容の検討とその意義(松井純子) 64~65
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2013年5月> 65
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2013年6月> 65~66
研究例会案内<第299回(予告)> 66
TP&Dフォーラム2013(第23回整理技術・情報管理等研究集会)のご案内 66
新しい会員の獲得にご協力下さい 66
特別研究例会案内<2013年5月> 67
東北ブロックセミナー報告<2013年2月>図書館の力・本の力(草谷桂子) 68
日本図書館研究会2012年度決算報告・2013年度事業計画・予算案 69~77
2013年度事業計画等の提案にあたって (川崎 良孝) 69~70
事業計画・予算案の提案説明 (前田 章夫) 70~71
素直な気持ちで,基本に立ち返って (高鍬 裕樹) 71~72
研究活動の充実をめざして (前川 敦子) 72~73
ブロックセミナーの企画をお待ちしています (岸本 岳文) 73
留学生への『図書館界』無料頒布について 73
ご意見をお寄せください 73
2012年度一般会計決算報告 74
2012年度特別会計決算報告 74
2012年度第2特別会計決算報告 75
2012年度監査報告 75
2013年度事業計画(案) 76
2013年度一般会計予算(案) 76
2013年度特別会計予算(案) 77
2013年度第2特別会計予算(案) 77
2013-2014年度役員選挙結果 (垣口 弥生子) 78~79
選出理事会報告 79
評議員・監事の繰り上げ当選について 79
理事の役割分担 79
2012年度図書館研究奨励賞は久野和子さんに差し上げました!!(図書館研究奨励賞選考委員会) 80
研究グループ助成基準の改正について(研究委員会) 81~82
新入会員紹介 82
編集後記 82

65巻2号(通巻371号)2013年7月

《座標》戦う学校司書? (狩野 ゆき) 83
日本図書館研究会第54回研究大会全体報告 (志保田 務) 84~89
<第54回研究大会シンポジウム>ネットワーク時代の図書館とプライバシー:なぜ守る?どう守る? 90~124
テーマ設定の趣旨<第54回研究大会シンポジウム> (志保田 務) 90
《発表1》図書館利用者のプライバシーの法的保護:21世紀の現実にたたずみ,歴史的視点を意識しながら<第54回研究大会シンポジウム> (山本 順一) 90~94
《発表2》図書館における個人情報/プライバシー情報の取り扱い:情報セキュリティの視点から<第54回研究大会シンポジウム> (前田 勝之) 95~99
《発表3》図書館システムとプライバシー:1ベンダーの視点からの考察<第54回研究大会シンポジウム> (高野 一枝) 99~105
《発表4》公共図書館の「利用」とプライバシー:図書館職員の視点から<第54回研究大会シンポジウム> (新 出) 105~109
《討議》ネットワーク時代の図書館とプライバシー:なぜ守る?どう守る?<第54回研究大会シンポジウム> 109~124
研究例会報告<第296回>学校図書館と公立図書館との連携:大阪府下学校図書館現状調査からの考察(飯田寿美) 124~125
移動図書館による映画会活動の分析:1950年代前半までの千葉県立図書館「ひかり号」を中心に<第54回研究大会グループ研究発表> (石川 敬史,大岩 桂子) 126~134
愛知研究例会案内<第196回> 134
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2013年7月> 134
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年4月>ウェブスケールディスカバリーSummon:検索から発見へ(藤田美穂) 135
科目〈図書館サービス特論〉における障害者サービス論の展開についての検討<第54回研究大会グループ研究発表> (立花 明彦) 136~143
図書館サービス研究グループ研究例会案内<2013年8月> 143
「児童サービス論」養成実態調査3<第54回研究大会グループ研究発表> (中西 美季,井上 靖代,日置 将之,平田 満子) 144~150
研究グループ助成基準の改正について (研究委員会) 150-151,160-161
情報環境生態系の変容と次世代図書館システム<第54回研究大会グループ研究発表> (川瀬 綾子,村上 泰子,北 克一) 152~160
ISBD統合版の研究:改訂内容の検討とその意義<第54回研究大会グループ研究発表> (松井 純子) 162~172
研究例会案内<第299回> 172
研究例会案内<第300回> 172
《新刊紹介》山崎博樹,李士永,山崎榮三郎著『図書館と電子書籍:ハイブリッド図書館へ』 (岩本 高幸) 173
《書評》五十嵐絹子,藤田利江編著『学校図書館の力を活かす:学校図書館から教育を変える\x{fffd}U (桜井 康夫) 174~175
《書評》知的資源イニシアティブ編『アーカイブのつくりかた:構築と活用入門』 (岡部 晋典) 176~177
図書館学教育研究グループ研究例会報告<第151回>学校図書館専門職に必要なものはなにか 178~180
図書館学教育研究グループ例会案内<第153回> 180
新しい会員をお待ちしています 180
2013年度第1回理事会報告 181
編集後記 181
『図書館界』投稿規定 182

65巻3号(通巻372号)2013年9月

2013年度図書館学セミナーの開催について(ご案内) 綴込み
《座標》子育て期の女性と図書館 (木下 みゆき) 183
《論文》「ホロコースト否定文献」の図書館での扱いについての考察: 「真実の使節団」事件へのカリフォルニア州図書館協会の対応をめぐって (安里 のり子) 184~199
第55回研究大会の個人研究発表の募集について 199
《論文》索引構造と情報組織化(研究)の隘路 (田窪 直規) 200~210
《新刊紹介》諏訪敏幸著『看護研究者・医療研究者のための系統的文献検索概説』 (山下 ユミ) 211
《書評》鹿島みづき著『主題アクセスとメタデータ記述のためのLCSH入門』 (山本 一治) 212~213
《書評》高橋恵美子著『1950年から2000年にかけての公立高校学校司書の図書館実践』 (二宮 博行) 214~215
《新刊紹介》マグヌスセン矢部直美,吉田右子,和気尚美著『文化を育むノルウェーの図書館:物語・ことば・知識が踊る空間』 (田中 玲子) 216
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年5月>インターネット資料収集保存事業(WARP)の10年とこれから(前田直俊) 217
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年6月>RDAエレメント・セットとRDA語彙をめぐって(和中幹雄) 218~219
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2013年9月> 219
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2013年10月> 219
新会員の獲得にご協力下さい 219
図書館学教育研究グループ研究例会報告<第152回>小学校図書館の現状と課題 220~222
日本図書館研究会主催ワークショップの開催について(予告) 222
「日本十進分類法新訂10版」第2回試案説明会 222
《エコー》図書館業務受託会社での専門的職員の育成:TRC「スペシャリスト養成講座」に携わって (吉田 昭) 223~224
愛知研究例会報告<第195回>資料収集の「志(こころざし)」:「下田文庫」の整理を通して(阪口泰子) 224~225
愛知研究例会案内<第197回> 225
愛知研究例会案内<第198回> 225
図書館サービス研究グループ研究例会案内<2013年10月> 225
図書館学教育研究グループ見学会案内 226
図書館学教育研究グループ研究例会案内<第154回> 226
第9回日中図書館学セミナーのご案内 227
資料保存研究グループ研究例会案内<第1回> 227
研究例会案内<第301回> 228
2013年度秋季図書館を学ぶ相互講座ご案内 228
ホームページから異動届を出せます 228
訂正とお詫び(65巻2号) 228
2013年度評議員会報告 229~231
2013年度第2回理事会報告 231
編集後記 231
『図書館界』投稿規定 232

65巻4号(通巻373号)2013年11月

《座標》ラーニング・コモンズと大学図書館 (赤澤 久弥) 233
《論文》映画『ザ・スピーカー』をめぐるALAでの論争:1977-1978年 (川崎 良孝) 234~252
新しい会員の獲得にご協力ください 252
《論文》図書館の貸出履歴と書誌情報を用いた図書推薦システムの有効性 (辻 慶太,滝沢 伸也,佐藤 翔,池内 有為,池内 淳,芳鐘 冬樹,逸村 裕) 253~267
《書評》平井孝典著『公文書管理と情報アクセス:国立大学法人小樽商科大学の「緑丘アーカイブズ」』 (野邑 理栄子) 268~269
《書評》学校図書館を考える会・近畿編『学んだ,広げた,「学校図書館」:「考える会・近畿」20年』 (大江 輝行) 270~271
《新刊紹介》ウェイン・ビヴェンズ-テイタム著,川崎良孝,川崎佳代子訳『図書館と啓蒙主義』 (河井 弘志) 272
北村幸子さんを悼んで<追悼 北村幸子さん> (塩見 昇) 273
特別研究例会報告<第298回>図書館旅行の時代(河合弘志) 274~275
研究例会報告<第300回>刊行資料から探る災害・復興と男女共同参画(中間報告)(木下みゆき) 276~277
研究例会案内<第301回> 277
研究例会案内<第302回> 277~278
2013年度冬季図書館を学ぶ相互講座ご案内 278
ワークショップ「都道府県立図書館のあり方を考える」の開催について 279
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年7月>米国図書館界の目録業務調査:RDA導入状況を中心に(塩野真弓) 280~281
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2013年11月> 282
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2013年12月> 282
第55回(2013年度)研究大会予告 282
訂正とお詫び(編集委員会)(65巻3号) 282
愛知研究例会報告<第196回>碧南市民図書館:20年の歴史(若松衛) 283
図書館学教育研究グループ研究例会報告<第153回>図書館情報学の研究と教育にたずさわって(佐藤翔) 284~285
愛知研究例会案内<第199回> 285
図書館サービス研究グループ研究例会報告<2013年8月>サイバー時代の司書育成に関する一考察(藤間真);シビックスペース・サイバースペース:情報化社会を活性化するアメリカ公共図書館(山本順一) 286~288
日本図書館研究会図書館研究奨励賞選考にご参加ください 288
図書館学教育研究グループ研究例会案内<第155回> 288
『図書館界』をCiNiiより全文公開しています 288
2013年度第3回理事会報告 289
編集後記 289
『図書館界』投稿規定 290

65巻5号(通巻374号)2014年1月

日本図書館研究会第55回研究大会の開催について(ご案内) 綴込み
《座標》『はだしのゲン』閲覧制限措置問題 (谷嶋 正彦) 291
《論文》専門図書館職員に求められる知識・技術:情報サービス活動にもとづく職務内容調査をもとに (青柳 英治) 292~307
《論文》イングランドの10大学図書館における特別支援プロジェクト形成過程の特徴 (松戸 宏予) 308~323
「日本十進分類法(NDC)新訂10版試案」関西説明会のご案内 323
《現場からの提言》家高憲三と枚方市立図書館 (石橋 進一) 324~330
研究例会報告<第297回>小規模校における学校図書館活用授業の実践:島根県の学校をめぐる調査報告(大平睦美) 331
《書評》松井茂記著『図書館と表現の自由』 (高鍬 裕樹) 332~333
第9回日中図書館学セミナー報告:多様な文化,人,図書館サービス 334~335
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年9月>Linked Open Dataの基礎とこれからの情報活用(嘉村哲郎) 336~337
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年10月>NACSIS-CATにおけるRDA的要素:RDA実装の一例として(蟹瀬智弘) 337~339
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2014年1月> 339
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2014年3月> 339
愛知研究例会報告<第197回>戦後日本における学校図書館法の成立過程と職員問題(安藤友張) 340~341
研究例会案内<第303回> 341
東海ブロックセミナー案内<2014年2月> 341
「現場からの提言」にご投稿を 341
図書館学教育研究グループ研究例会報告<第154回>中学校学校図書館司書教諭報告(湯口香里) 342~343
図書館学教育研究グループ図書館見学会報告(同志社大学ラーニング・コモンズ) 343~345
図書館学教育研究グループ研究例会案内<第156回> 345
図書館サービス研究グループ例会案内<2014年1月> 345
『図書館界』はCiNiiで全文公開しています 345
2013年度第4回理事会報告 346

65巻6号(通巻375号)2014年3月

《座標》ある私立図書館の100年 (岸本 岳文) 347
《論文》北米の図書館学教育における知的自由の教育:1930年代から1970年代 (アンドリュー・ウェルトハイマー(著),川崎 良孝(訳)) 348~360
情報組織化研究グループ月例研究会案内<2014年4月> 360
図書館学教育研究グループ研究例会案内<第157回> 361
2014年度会費払込みの時期がまいりました 361
2014年度春季図書館を学ぶ相互講座ご案内 361
《論文》高齢者一人一人の公共図書館へのニーズ (加藤 ひろの,伊藤 昭治,西尾 恵一,村林 麻紀,脇坂 さおり) 362~375
《書評》日本図書館協会図書館の自由委員会編『図書館の自由に関する全国公立図書館調査2011年』 (久保田 正啓) 376~377
図書館学教育研究グループ研究例会報告<第155回>学校図書館専門職員の養成・育成について 378~379
愛知研究例会報告<第198回>大学図書館の移転:都市型キャンパスへ移転した愛知大学名古屋図書館の場合(中村直美) 380
愛知研究例会報告<第199回>韓国の公共図書館(山本昭和) 381
ワークショップ報告<2013年12月>都道府県立図書館のあり方を考える:市町村や大学の図書館との相違点とは? 382~384
情報組織化研究グループ月例研究会報告<2013年12月>日本十進分類法(NDC)10版試案を考える(藤倉恵一) 384~385
研究例会案内<第304回> 385
特別研究例会案内(予告) 385
『図書館界』投稿規定 386



Copyright(C) 1997- 日本図書館研究会(Nippon Association for Librarianship)

nittoken@ray.ocn.ne.jp *「@」は半角で